祈りの聖地こころの観音霊場・仁比山護国寺 地蔵院

『命の尊さ』−この世界では、天災、テロや戦争、事故や病気などで日々多くの命が失われています。大切な人との死別は、とてもつらく悲しいものです。しかし、その悲しみは永遠のものではありません。今は亡き愛する人を思い、日々祈りを捧げ、今日1日生かされ支えられた命に感謝いたします。

1日の始まりとして生かされていることへ感謝し、朝業(朝のおつとめ)を行っております。

仁比山地蔵院は、豊かな自然の中に素朴な佇を見せる こころの寺。
開創1300余年の歴史を伝える日本最古の観音霊場九州西国観音霊場の第20番札所としても知られています。

毎月17日には観音様の縁日が開かれ、護摩修法、大般若祈祷、法話が行われ、近隣の人々の信仰を集めています。

本尊 十一面千手千眼観音菩薩様の縁日 護摩祈祷のご案内

★観音様の縁日 護摩修法のご案内★
毎月17日は、観音さまの縁日です。
午後1時半より、当地蔵院本堂にて、護摩祈祷、大般若祈祷、法話が行われます。

護摩祈祷は、密教の秘法の中でも特にご利益の大きいといわれる修法です。
護摩壇(ごまだん)に火を点じ、火中に供物を投じ、添護摩木(添え木に名前や年齢、祈願したいことを書いて納めて頂いたもの)を投じて祈願します。

「護摩」というのは、サンスクリット語の「ホーマ」を音写したもので、「物を焼く」という意味です。
炉(ろ)は「観音様の口」を表し、その口から燃え上がる炎は、仏の智慧(ちえ)の象徴でもあり、その口から供物を食します。

つまり納めた護摩木は、供物として焼かれるのです。
煙が天に届くことで、天は食を頂くことができ、代わりに人に福を与えるとされていて、 我々の内なる悩みや煩悩を焼き尽くし、あらゆる願い事を成就すると言われています。

どうぞ、ご近所お誘い合わせの上、ご参拝ください。

秋のお彼岸

★秋のお彼岸★
彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「到彼岸」の略だといいます。

元々仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味をもちます。

現代の私たちが普段使っている「お彼岸」という言葉は、修行を経て悟りの世界に達したというよりも、彼岸の期間に寺院で行われる彼岸会と呼ばれる法要や、先祖供養の意味で用いられます。

お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもちます。

仏教においては、彼岸は西、此岸(しがん)は東にあるので秋分と春分は太陽が真東から昇って真西に沈むことから、彼岸(極楽浄土・あの世)と此岸(この世)が通じやすくなると考えられ、その時期に先祖供養をすることでご先祖の冥福を祈るとともに、自らもいつか迷いのない此岸(しがん)に到達できるよう願ったのです。 そのため、この行いは功徳があると言われています。

それに反して、「死んだら無になる、 自分が生きているのは自分に運があるからだ。 先祖に手を合わせてなんになる」と考えの方も少なからずいらっしゃいます。

人は誰でも、自分の力だけではなく、色々な人の支えがあって成り立っています。
この世に生きる今の自分を見ればそう思いますが、先祖があっての今の自分という事になります。
何代もの数多くの先祖がいて、1人欠けたとしたら、今の自分の存在はないことになります。
先祖から受け継いだ大切な使命を担っているのが自分の尊さです。
そして、ご先祖への感謝の気持ちを表す一つが墓参りなのです。

お彼岸は先祖に手を合わせて感謝する機会だけでなく、人生において大切な6つのこと「六波羅蜜」を実践できているかどうか見つめ直す期間でもあります。

<六波羅蜜>
1)布施=他人への施しをすること
2)自戒=戒を守り、反省すること
3)忍耐=不平不満を言わず耐え忍ぶこと
4)精進=精進努力すること
5)禅定=心を安定させること
6)智慧=真実を見る智慧を働かせること

お彼岸の期間には、家族みんなでお墓まいりに行き、大切に守っていきたいものです。

★秋のお彼岸★
9月20日(木):彼岸入り
9月23日(日):彼岸の中日(日・秋分の日)
9月26日(水):彼岸明け


天井画「花丸」

★平成28年申年本尊御開帳記念 天井画「花丸」★
平成28年申年本尊御開帳記念として、天井画「花丸」(54枚)を奉納させて頂きました。
四季折々の美しい花々のもとで、ご参拝頂ければ幸いです。
檀信徒の皆様、ご寄進下さり誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。


9月の行事

  • 9月17日(月・祝)観音様の縁日
    午前11時より、大般若祈祷、午後1時半より護摩祈祷、大般若祈祷、法話


縁結び、安産の願いを聞き入れてくれる仏さま。神埼市重要文化財指定の六地蔵塔
市内の六地蔵塔として最も古く重要なものであり、神埼市内の石建物を代表するものとして、
平成23年3月31日に市重要文化財に指定されました。

地蔵院境内に立つ石塔。

六道(地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道)における死後の救済を求めて作られたもので、中世以降に流行しました。

永正十四年(室町時代)に吉祥院の別名、寶淋坊(ほうりんぼう)とも呼ばれていたお寺の修業僧が自分の死後の冥福のために供養塔を立てました。

石塔には「奉造立六地蔵所、永正十四天(1517年)丁丑八月廿七日一再中興蕣慶」と刻まれた姿のまま長い歴史を物語っています。

現在の地蔵院の地は元々は吉祥院とういうお寺があり、地蔵院は明治維新前までは九年庵の地にありました。
維新後、神仏分離による貧困の中、吉祥院の土地を持っていた実業家伊丹弥太郎により土地交換が行われ、吉祥院の境内にあった六地蔵塔はそのまま地蔵院が引き継ぐことになりました。

傘の下には六地蔵尊がお祀りされ、参拝者の願いを聞き届けておられます。

縁結び、安産の願いを聞き入れてくれる仏さまです。

真言(しんごん):
オンカカ カビサマ エイ ソワカ

MAP

〒842-0123
佐賀県神埼市神埼町的1688



参拝時間:8:00〜17:30
※御供養・御祈願等は予約になります。 お急ぎの方はお電話ください。
電話・FAX:0952-52-4355
Copyright (C) 天台宗 仁比山護国寺地蔵院 All Rights Reserved.